My Photo

The Words

Miscellaneous


  • Amazon.co.jp アソシエイト




  • Subscribe with Bloglines


  • にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

  • にほんブログ村 海外生活ブログへ

kousagi


Blog powered by Typepad
Member since 08/2003

« これいい!かたらくーん | Main | 中国のblogポータル? »

October 31, 2004

Comments

Taka

あはは。
実は私もやってみたくて探した口です。
見つからなくて、あきらめたのですけれどね~。
さすがKushさん、見つけてくださいました。

私のTYPEは、INTJ。
実は、「死んでしまったら~」を読んでいたときは、自分はINFJだ!と思っていたのですが、違った結果が出てしまいました。
なお、INTJは、「議論することで理解を深めるNT型だが、本人は「友好的な話し合い」と思っているのに、ほかの人からは敵愾心を剥き出しにした嫌な奴と見られがちだ。」なんだそうで・・・。
実際、そんなところが経験的にも多いので、気をつけようと思います・・・(汗)

kush

日本語GOOGしただけですよ(笑)

なるほど、INTまで一緒でもPかJかでずいぶん違うんですね。しかし、わたしもNT型、、、気をつけよう。

Naotake

私はINFJでした。ただ、この診断法の「IかEか」といった区別は白黒・01のバイナリーなものでなく、ど「どちらかといえばI的」なものです。私はMBTIの専門機関所属のカウンセラーについて結果のレビューをしたのですが、四文字のタイプだけを見るのでなく、各構成要素(各文字)がどれだけ強いかも重要、と言われました。

ウェブ版では見ないようですが、専門機関の診断結果には、そうした要素ごとの強さを見せるグラフ(IとE、Nとといったように対立する構成要素を中心線の両側に配置し、中心からみてどっちに近いか、を評価する)もついており、私の場合「I」は突出しておりましたが「N、F」はかなりニュートラルに近く、「J」は少し強いかな、といったものでした。

また、カウンセラーさんの言うことでは、MBTIは結構流動的なもので、成長と共に、そして環境に応じても変わるそうです。ちなみに私は最初はINFJ、次に受けたときはINTPに変わり、またINFJに戻りました。いずれの場合もIは強いが、他の3文字は比較的ニュートラル、というものだったので、孤独癖(?)がある意外は特に特長のある人間ではないのかもしれません…。

いずれにせよ、奥の深いものですね、これ。

kush

ほほお、奥が深いですね。一度専門機関で受けてみたいです。
わたしも「IN」は動かないような気がします。かなり生まれ持った性格の要素が強いので。

The comments to this entry are closed.

December 2009

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

flickr


  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public items from kush** tagged with Europe. Make your own badge here.

Translate

bon appetit!